悩んでいる男性

男女のコミュニケーションの1つでもある性行為です。性行為をする上で射精時間が短く、性行為に対して自を持つことが出来ず悩んでいる男性はたくさんいます。この挿入してから射精までの時間が余りにも短い事を早漏と言います。時間をかけて性行為をしたくてもすぐに射精してしまうので、早漏が原因でパートナーを満足させる事が出来ず悩んでいる男性も多いです。パートナーとの関係に悩んでいる人も多いこの早漏の原因となんでしょうか。

なぜ早漏になってしまうのでしょうか

射精時間が短くなってしまう原因は3つあり、1つは過敏性になります。過敏性とはペニスが少し刺激を受けただけでもすぐに射精します。通常射精とは性的な刺激を受け脳にそれが伝わって、でるの準備を体が行うものです。しかし過敏性の場合は陰茎の神経が過敏になっており、脳へ性的な刺激が伝わる前に外からの刺激で、射精中枢が反応してしまい、射精します。主に包茎の人でオナニーを良く行っている人が過敏性になり易いと言われています。
2つ目は心因性になり、心因性は性的な場面を想像しただけで勃起してしまう状態です。大抵は放置すると収まっていきますが症状が重いと外的刺激が無くても想像だけで射精をしてしまう可能性もあります。主に性行為に対してトラウマがある場合この心因性に陥ることがあります。過去に性行為を行ったことでパートナーから言われたセリフで傷つき、性行為に対しての不安がストレスとなってより、交感神経を活性化させてしまいます。
3つ目は衰弱性で、衰弱性は加齢や筋肉の衰えによって起こります。年齢を重ねると射精を我慢する事が難しくなってしまい、絶頂感を感じる前にでてしまいます。射精をコントロールしているのは男性ホルモンですが、年齢を重ねると男性ホルモンが減少し、それによって射精管閉鎖筋の筋力が弱り精子がでやすくなります。
主にこの症状は40~50代に起こりやすく、更に頭脳を使う仕事をしている人もこの衰弱性になり易いと言われています。
早漏といっても原因は1つではなく、3つのタイプに分類されます。早漏になった原因もそれぞれ異なり、治療方法も異なっていきます。男女のコミュニケーションの1つでもあるこの性行為ですが、パートナーを満足させる事が出来なければ男性としての自信も減退していきます。極端に射精迄の時間が短くなってきた、外的刺激を受けていなくても性的興奮しただけで、射精をしてしまう場合は早めの対策をすれば改善する場合もあります。ですがこの3つのタイプはそれぞれ改善方法が異なります。薬で治す場合やトレーニングなど様々です。では、この3つのタイプの改善方法はどうすればいいのでしょうか。

早めの対策で症状を改善することが出来ます

早漏で悩んでいる場合、早めに対策をすることで症状を改善し、男性としての自信を取り戻すことも出来ます。包茎での過敏性の場合は包茎手術をすることによって症状を改善することが出来ます。しかし、包茎を改善しただけでは症状は改善しないので、トレーニングを行う必要があります。トレーニング内容とは、射精のコントロールとして射精をする寸前にオナニーをとめることです。はじめは難しくてすぐに射精してしまうかもしれませんが、何度かトレーニングを繰り返すことでペニスが性的刺激に慣れるので射精のコントロールが自然と出来るようになります。石鹸やローションを用いてトレーニングを行う事でペニスが傷つくことを防げるのでおすすめです。また、性行為をする際にあえて分厚いコンドームを着用する事で外的刺激を感じにくくなるため射精のコントロールが可能になります。
心因的な場合、ストレスや過去のトラウマを改善する必要があるのでカウンセリングを受ける事をおすすめします。セロトニン不足の場合も専門医へ相談する事で投薬治療や日常生活のアドバイスを受ける事も出来ます。経験不足によるものや過去のトラウマで悩んでいる人は我慢せず専門医を受診しましょう。
衰弱性の場合は、射精をコントロールする筋力の衰えが主な原因となります。この射精をコントロールする筋肉を鍛えるには、毎日のトレーニングで改善していきます。そのトレーニング方法が肛門をぎゅっと締める方法です。この肛門のトレーニングは男性だけではなく、女性の膣圧改善や尿漏れ改善のトレーニングとしても活用されている方法です。この肛門を締めたり緩めたりを繰り返すことで射精管閉鎖筋を鍛えられるので、射精のコントロールが出来るようになります。思い立った時に好きな場所で好きな時にトレーニングが可能です。
3タイプの早漏でそれぞれ改善方法が異なります。症状が改善すれば性行為に対しても自信を持つことが出来るでしょう。まずは自分がどのタイプかを見極める必要があります。早めに対策を取ることで症状も早く改善する事が出来るので、悩んでいる人は早く適切な治療を受け、早漏を改善しましょう。

記事一覧
プリリジーからジェネリックのポゼットにすると何が変わるのでしょうか 2020年06月19日

近年ジェネリック医薬品という言葉が浸透し、医療機関でジェネリック医薬品を気軽に購入することが出来るようになりました。価格が従来の医薬品より安く、尚且つ効果は先発...

早漏と併発してしまう可能性もある勃起不全の詳しい症状とは 2020年07月07日

早漏と同じく男性の悩みとして今多いのが勃起不全です。勃起不全とは男性ならだれでも起こりうる症状の1つでもあり、日本国内だけでも1,000万人以上が勃起不全で悩ん...

プリリジーは医師の処方ではない個人輸入で手に入れても安全なのでしょうか 2020年06月02日

プリリジーは国内のクリニックでも処方されている程安心安全な薬でもあり、購入できるものは30mgと60mgの2つになります。医師の診察を受け、処方箋を受け取ってか...

プリリジーが効果を発揮するための正しい飲み方とタイミング 2020年05月15日

世界初の早漏治療薬として注目をされているプリリジー。服用する事で早漏防止に高い効果を得る事が出来るという事で世界60か国で使用されている治療薬になります。正しい...

プリリジーは強すぎる興奮を抑えて早漏対策をするタイプです 2020年05月02日

強すぎる興奮によって早漏になってしまう人の悩みを解決する治療薬として、世界初の治療薬として開発されたのがプリリジーという治療薬です。内服薬タイプで、既にこのプリ...